Skip to content

バイクの保険料を徹底比較

バイクを利用する際、事故に遭わないよう交通ルールを守って運転することが基本ですが、不注意で事故に遭ってしまうこともあります。

対物事故でも他人を巻き込んだ対人事故でも壊れたもの、傷つけてしまったもの、病院代などは保険を使用して補填しなければいけません。

そのため、バイク保持者には保険に入ることが必須となっています。

▼もし保険に入ってなかったら…任意保険「4台に1台」未加入の恐怖 「無保険事故」、損害回復の手段を徹底分析!

では一体バイクの保険料はいくら掛かるのでしょうか?

等級やバイクの排気量によって金額も様々で分かりにくい印象もあるため、ご紹介させていただきます。

保険の金額についての比較

まずは年間でかかる保険料は排気量によってどれくらい違うのかということで、125ccのバイクと250ccのバイクで比較してみましょう。

保険会社によって様々ですが新規で等級6sスタートで、125ccのバイクで年間21,650円の計算となり、250ccのバイクだと年間29,440円の計算となります。

年間だと250ccのほうが7,790円割高になります。

自賠責保険

自賠責保険は、公道を走る全ての車やバイクに加入が法律上義務付けられており、別名「強制保険」とも呼ばれています。

もし加入せずに公道を走行した場合、違反者には1年以下の懲役、または50万円以下の罰金が課せられます。

250cc以下のバイクは車検がないため、うっかり期限が過ぎてしまっていたなんてことがないようにきっちりと期限を確認しておきましょう。

バイク保険

バイク保険(任意保険)は必ずしも加入しなければいけない保険ではありませんが、補償内容はプランにもよりますが、自賠責保険よりも手厚い場合がほとんどです。

しかし実際は公道のバイクの30%しか任意保険に加入しておらず、原付に関しては11%しか加入していません。

実際には自賠責保険は最低限の保証よりも少ないため、万が一の重大事故を起こしてしまった時は、自賠責保険だけではとてもまかないきれません。

さらに、通院保証など、自身の傷害保証が手厚いプランだと、転倒し自分が怪我をした際にもしっかりと保証してくれるため、安心して走行することができるため、任意保険に加入しておくことをおすすめします。

もし保険に入っていなければ

もし、仮に無保険の状態で事故を起こした際に、相手の怪我、車両への補償、自分の怪我の補償を全て実費で支払わなければいけません。

もちろん相手や自分の状況にもよりますが、中には数千万円も払わないといけないケースも珍しくないでしょう。

また、自賠責保険でも対人補償は最大3,000万円となっていますが、とても補いきれないため、任意保険でカバーするということが必要になるでしょう。

また、もう一つの無保険のデメリットは、過失割合の交渉も自分で行わなければいけないということです。

通常事故を起こせば、過失割合について交渉しなければいけませんが、この交渉も自分で行わなければいけません。

当然相手の保険会社や弁護士はプロですので、不利になることがありますし、長期化するほど大きな心理的負担になるでしょう。

バイク保険の簡単な語句説明

保険でよく聞く「対人/対物」「自損事故」という言葉をよく聞くため解説しましょう。

「対人」は対人賠償のことで、人を死傷させてしまった時の償いのことで、「対物」は他人のものを壊してしまった時の償いのことです。

また、「自損事故」とはバイクを運転している人がひとりで事故を起こすことを指します。

まとめ

自賠責保険と任意保険は両方加入しておきましょう。

もしもの自体が起こっても大丈夫なように、自賠責保険と任意保険の両方を加入することをおすすめします。

Published inバイクの維持費:保険料編