[04-Dec-2018 15:38:53 UTC] PHP Fatal error: Call to undefined function add_action() in /home/m050c294/public_html/killingbonoblog.com/wp-content/themes/author/inc/customizer.php on line 3 その他バイクに必要な消耗品の費用 – 【一覧】バイクの維持費125cc250cc400ccを徹底比較 Skip to content

その他バイクに必要な消耗品の費用

バイクの消耗品はいくらかかるのか

バイクを長持ちさせるためには正しい消耗品のメンテナンス、管理が重要になります。

車だと車検で点検してもらえる項目が多いですが、車検がない排気量も存在するバイクは自分で管理していかなければいけません。

そこで、バイクの消耗品の種類、交換頻度をご紹介します。

電装関係

電装関係の消耗品にバッテリーがあります。

バッテリーは消耗するにつれて「セル」と呼ばれるバッテリーの電気を使ってモーターを回転させる部品にも影響し、セルの回転が悪くなります。

この回転が悪くなることによりバイクのライトが暗くなり、夜間の運転が危険になります。

バッテリーの交換目安は2〜3年となります。

長持ちさせるコツとして、長期間使用しない時はバッテリーを外しておくと良いでしょう。

タイヤなどの足回り

タイヤは代表的な消耗品となり、足回りの消耗品で気をつけないといけないのが、ブレーキパッドです。

目視で確認し、ブレーキパッドは残り5ミリ以下になったら交換するようにし、タイヤはスリップサインが見えてきたら交換するようにしましょう。

足廻りの消耗品は乗り心地だけではなく、安全にも関わってくるため、しっかりと管理するようにしましょう。

ガソリン

ガソリンも使用頻度によって変わります。

さらに車種によって使用するガソリンの種類も変わります。

オイル

オイル交換の頻度は排気量で変わることはありませんが、使用しているオイル量は排気量が大きいほど多くなる傾向となります。

走行距離、エンジンの使い方によって交換頻度が左右されます。

交換目安は3,000キロ〜5,000キロとなります。

エンジンパーツ

エンジンパーツの消耗品は、主にスパークプラグ、エアフィルターがあります。

交換頻度は5,000キロごとに1回の頻度となります。

また、オイルフィルターはオイル交換2回に1回の頻度で交換しましょう。

消耗品交換の頻度について

交換時期の目安もご紹介しましたが、この数字はあくまで目安です。

消耗品というだけ、使用すればするほど交換頻度が高くなるため、用途、走行距離、使用頻度、走行の仕方など、人それぞれ使い方が違うため、一概に言うことはできません。

そのため、日々の使用状況を自分で把握し、最適な頻度で交換するようにしましょう。

消耗品を長持ちさせるためのメンテナンス方法

消耗品を長持ちさせるためにも定期的のメンテナンスが必要となります。

そのために普段からバイクの状態を把握するために洗車を行い、そのタイミングで点検を行なうことでしっかりと長持ちするでしょう。

Published inバイクの維持費:消耗品編