Skip to content

バイク以外にかかる諸費用はいくらくらい?

バイクを購入したら、次は走行に必要なものを揃える必要があります。

バイク用品はさまざまな種類がありますが、まずは必要最低限揃えたいものをご紹介します。

バイクに乗るときに必要なもの

バイクに乗るときに最低限必要なものは以下の通りです。

ヘルメット

当たり前ですが、バイクを乗る上で一番の必需品がヘルメットでしょう。

ヘルメットを選ぶ基準は、乗るバイクの種類と排気量で選びましょう。

大型になればその分スピードも上がるため、しっかりとしたものを選びたいところ。

また、安全基準の目安いなるSGマークがついているものを選びましょう。

手袋

もしもの時に手を守ってくれるのはもちろん、専用のグローブは操作性もしっかりとしています。

夏用は通気性を確保するためにメッシュグローブを選び、冬は防寒性が高いゴアテックスグローブや、雨の日はレイングローブを使用するといった、季節によって使い分けることをおすすめします。

服装

バイクに乗る際のジャケットは、転倒時にしっかりと身体を守る必要があるため、専用のジャケットを使用することをおすすめします。

さらに、走行中は常に身体が走行風に晒されているため、しっかりとプロテクションが付いているものを着用することをおすすめします。

また、季節によって環境が大きく変わってくるため、細かく使い分けることをおすすめします。

レインウェア

バイクには当然屋根がついておりませんので、急な天候不良に備えて雨具を用意しておきましょう。

レインウェアを選ぶ基準は、汎用のものはバタついて引っかかったりする危険があるため、バタつかず絞れるタイプがあるバイク専用のレインウェアを着用しましょう。

リアシート用ネット(シートバック)

シートバックは、バイクのリヤシートや車体に固定ベルトで取り付けるタイプのものです。

容量にもよりますが、中にはヘルメットを入れることができるサイズも存在します。

あると便利なもの

バイクのツーリングなどをより快適にするためにあると便利なものをご紹介します。

スマホナビ・バイク用ナビ

知らない道や山道などを通るときには、バイクにもナビや地図が欲しくなりますよね。

主にバイクのタンクやハンドルに固定するものが多く、選ぶポイントは防水対策がしっかりとされているものを選ぶと良いでしょう。

ただし、真夏は暑さでナビが狂ってしまうことがあるため、注意してください。

さらにスマホケースの際は、出し入れの時に謝って落とさないようにご注意を。

改造費・部品

バイクに乗ってしばらくし始めると、自分好みにカスタムスしたくなりますよね。

改造も、用途、部品の種類によってたくさんの種類があるため、自分が改造したい部分を明確にするようにしましょう。

単独事故を起こした場合の修理費

単独事故を起こした時は、任意保険の車両保険プランに入っていると保険で賄えることができますが、なければ自分で支払う必要があります。

単独事故でも立ちゴケ程度だと修理費は大きくはなりませんが、走行中に転倒した場合は、車両のダメージも大きくなりがちのため、車両保険に加入することをおすすめします。

Published inバイクの維持費:諸費用編