コンドロイチンとはどんな働きがあるの?

ひざサポートコラーゲンにも含まれているコンドロイチンは関節がスムーズに動くような働きをし、関節サポートのサプリメントに必須となっています。

分かる!ひざサポートコラーゲンmainイメージ

コンドロイチンとはどんな働きがあるの?

関節に良いとされているサプリには、コンドロイチンが含まれているものが多いです。

ひざサポートコラーゲンにもコンドロイチンが含まれていますが、コンドロイチンとはどんな働きをしているのでしょうか。

【コンドロイチンとは】

コンドロイチンは、正式名称はコンドロイチン硫酸と言います。

関節の軟骨や組織、粘液に含まれているもので、関節軟骨の約3割から4割を占めています。

関節がスムーズに動くためにとても重要な働きをするものです。

【グルコサミンとは違う?】

関節サポートのサプリメントにはグルコサミンという名前のものもあるようですが、グルコサミンというのはコンドロイチンなどのムコ多糖類を構成しているものを言います。

グルコサミンはコンドロイチンを作る部品と考えると良いでしょう。

【コンドロイチンの効果】

コンドロイチンは関節の軟骨成分の生成を助けるものです。

長く摂取することで軟骨がすり減ってくるために起こる痛みを緩和する効果があります。

●膝の痛みについてはこちらをCheck!⇒《URL:http://mainichi.jp/premier/health/articles/20151110/med/00m/010/002000c

痛いからと言ってコンドロイチンを取り始めてもすぐに痛みが無くなることはありません。

ひざサポートコラーゲンには、コンドロイチンの他にコラーゲンとヒアルロン酸が含まれていますので、相乗効果でより一層関節の動きがスムーズになるであろうと考えられています。

コンドロイチンを摂る時は、コラーゲンも同時に摂れるようなサプリメントを選ぶと良いでしょう。

これらを含むサプリメントは、気長に続けることで効果が出るものです。

継続して摂り、より良い効果を得られるようにしたいものです。